井戸工事

対応エリア
  • バナー1
  • バナー2

QRコード

井戸発掘工事

ロータリー工事

トリコンビットと言われる刃先と地上の機械をロッドで連結し、刃先に回転力を与えます。 ビットを回転させることで地層を切削破砕しながら掘削する工法です。深さのある掘削に適した工法で、未固結堆積層から岩盤まで幅広い地層に対応します。主に水道水源・工場用井戸・温泉井戸など、比較的規模の大きい井戸の掘削に用いられます。弊社では、ロータリー工法を主軸に掘削を手がけております。

井戸発掘工事

家庭用

家庭用

家庭で使う水道や雑用水(散水など)のために小口径の井戸を掘ります。法律に関わる部分もありますので、現地調査してからボーリング技術で井戸を作ります。

工業用

工業用

工業用の水源としてボーリング技術で大口径の井戸を掘ります。

施工の流れ

電話でのご依頼
現地調査、お見積もり
ご契約
工事

  • ①機械搬入・設置
  • 井戸規模に応じたボーリング機材を準備し安全・環境に考慮しながら仮設を行います。
  • ②掘削
  • ボーリングマシンの掘削ツールスの先端にビットを取付け回転させながら油圧により掘進します。
  • ③電気検層(家庭用は除く)
  • 掘削終了後、電極を孔内に降下し比抵抗値を測定し掘削時の地質と対比してストレーナー(集水管)位置の資料とします。
  • ④ケーシング
  • ストレーナー及び鋼管を連続又はパラレルに溶接しながら降下設置します。
  • ⑤砂利充填
  • 洗砂利及び硅砂をストレーナー上部まで充填を行います。
  • ⑥井内洗浄
  • 井戸孔内の排泥を行い清水の流入を行います。
  • ⑦揚水試験
  • 井戸能力及び適性揚水量の判定を行います。
  • ⑧機材撤去
  • 機材解体搬出を行います。
  • ⑨試運転調整
  • 設置したポンプ及び機器が正常に稼動しているかを調べます。
  • ⑩水質検査(必要に応じて)

お引渡し

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

jump to top